棚卸?

画像


今朝・・お袋が急に「前にベッドの脇の柱に掛けてた宝石、お父ちゃんが外国から買って来てくれた物だったけど・・・無いんだよねぇ・・」 注1)宝石といっても柱に掛けておくくらいの物ですから高価な奴ではありません  注)2 お父ちゃん(私の父)は産科の勤務医師でしたが、不肖の息子が跡を繋げなかったので最後の頃は商船ドクターでした。

父は海外に行って帰ってくるとお袋には必ず寄港した国の民芸品や装飾品をお土産にしてたようです。 お袋が入院してた間に、部屋を大掃除して家具の位置とかも相当移動しました。   注3)入院した時点では、退院したとしても要介護状態(寝たきり)になるものと覚悟してましたから。その際にお袋の私物は全部まとめておいたので、少なくとも捨てたりはしてませんから、どこかには必ずあるはず・・・
そこで、あちこちにまとめて置いた宝飾品を 注4)繰り返しますが高価な物ではなく、アクセサリーですよ。
全部、茶の間に持って来て、お袋様に確認してもらってるところです(^-^) 
何10年振りかの棚おろしです(゜-゜;)

お袋が言ってた物は今回の捜索では発見できませんでしたが・・・・お袋様の部屋の引き出し関係の中身は、物凄い状態になってますから 
注5) お袋は整理はするので部屋は綺麗だったのですが、何処に何を仕舞ったか忘れてしまい、整理してもそのままになることが多く・・・・だから、同じような内容の引き出しが幾つも存在してるのです(゜-゜;)

お袋は、ひとつひとつ丁寧に眺めながら・・・・「こんなの持ってたんだねぇ・・・全然、思い出せないよ・・・」 聞いても、はっきりと買ったりもらったりしたのを覚えてる物は数点だけでした(゜-゜;)

でも、今は忘れてしまってても、間違いなくお袋の思い出が染み込んだだ品物ばかりのはず・・・簡単に仕分けして・・・また引き出しにしまいました(^-^)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年01月29日 14:22
(*’▽’)oyakataさんのお母様ですね!!お写真からでも気品が伝わります。お綺麗です♪♪ アクセサリー等の細々してる物を相当な数の中からたったひとつを見つけるのって大変ですよね~。 oyakataさんのお父様は、海外に行くたびお母様にお土産を欠かさなかったんですね。じーん。。 愛がたくさん詰まった引き出しだなぁ(o⌒∇⌒o)
oyakata
2006年01月29日 19:24
★久美さんの言葉、お袋に伝えておきます・・・喜ぶと思いますよ(^-^)
でも、誰が言ってたのかって説明するのが難しい。ネットとかブログとかの概念の無い人ですからねぇ・・・いまだにアメリカの姉と私がメールをすることを、完全には理解できてませんから(゜-゜;) 家を引っ越してもメールの住所(アドレス)は変わらないの、何で?・・・とか、「ゆうべは何回も姉貴からメールが来た」と言うと「あんた、寝なかったの?」・・・電話とは違うっちゅの(^-^)

親爺のお袋に対する愛情は(大人になってから判ったのですが)偉いなァ・・と素直に尊敬しますよ。あの時代の男ですから、普段はそんな素振りも見せない人でしたが・・・私は足元にも及ばない、はははは。
harumi
2006年01月29日 22:52
お母様の写真~とても愛らしい....やっぱりどことなく、oyakata似てますね!(^.^)
お父様の愛情に包まれた、たくさんの思い出があるんでしようね...
なんかとてもほほえましくて、幸せな気持ちになりました(^.^)

2006年01月30日 14:12
うんうん前にアルバムで確か登場されてましたよね~!
とてもお歳とは思えないほど、お若い!!
このアクセサリーを見ると、ご主人に愛されていた事が一目瞭然ですね!
oyakata
2006年01月30日 15:19
★御世辞とは知りつつも、言われて嫌な人は居ないでしょうし、お袋も派手でこそなかったけどお洒落を自認してましたから、こんな言葉を頂いて嬉しいと思います・・・・実はさっき、このページをプリントアウトしてお袋の処に置いてきました・・・目がだいぶ弱くなってきたのでPC画面では見難いので。
言葉には出してませんでしたが、嬉しそうに皆様のお言葉を読んでおりました・・・ありがとうございます(^^♪

この記事へのトラックバック