★ 初披露  

画像


お袋様の短歌です・・・・

  病夫(つま)逝きて 寂しい日々に 少し慣れ 今日は友への 便りしたたむ


☆  四歳の 曾孫をつれて 散歩する だんだん遅れ  老いを感じる

☆  友の夫(つま) 再度の入院 聞かされて 共に祈らん 早き快復

☆  病み上がり 大事にされて 早一年  散歩を仕事に 過ごす日々


が、数年前に初投稿し初掲載になった思い出の歌(^^)
それ以外の☆は最近作です。

私はまるっきりの門外漢で判らないけど・・あれ?字数がこれでいいのか・・とか
あと、横書きだとちょっと雰囲気違いますが・・・まあ、これはこれで^_^;

昨日・・「これ」 とだけ言って反古紙の裏に書いたのを、私の部屋に置いていきました・・・
最初は恥ずかしいと言ってたのが、皆様の後押しで勇気が出たみたいです(^^)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月02日 08:21
おはようございます!!
お母様の短歌デビューですね(*^o^*)
☆愛するだんな様を亡くされ心の寂しさと、それを紛らわすかのように、手紙をしたためている、そんな気持ちが伝わってきます。

☆けして速くはない曾孫の足取りに、自分の老いを感じながらも曾孫を見る目は優しさに溢れているのでしょうね・・・

☆ご友人の辛い気持ちが誰よりも分かる、だからこそ祈らずにはいられない、そんな心情が伝わってきます。

☆仕事と決め散歩する、身体の為ですものね、でも寒い時は無理をなさらず、防寒もしっかりと・・・・

流石に投稿された短歌は胸にグッっときました。
とても素晴らしい短歌でした。
さとこ
2006年02月02日 09:32
oyakataさん、おはようございます!
月桂樹さん、始めまして♪

お母様の短歌・・・私も、その方の知識はありませんが
中々、素敵です。
短い言葉に、気持ちが表れていますね。
自分の思いを、これだけの字数に込める・・・
難しいことだと思います。

oyakataさん、料理好きになられた話を、書いていただいて
ありがとうございました。
確かに、何も言わず、黙って食べるより、意見を言ってもらったら
励みにはなります。
そのおかげで、いろんな料理も覚えましたから♪
oyakataさんは、子供の頃からお好きだったようで
男性は、結構、料理に関しては、好きか、そうでないか・・・
はっきりしてるように、思います。
これからも、素敵な料理を、見せてくださいね♪
kiri
2006年02月02日 11:00
亡き人を
偲びて空を
見上げれば

我を案じる
瞬きありて

私は寂しくなったときに
空を見上げる癖があります。
故人の星が瞬いて励ましてくれるような気がするからです。

お母様にこれからも日々の歌を詠んで下さいとお伝えくださいね
とってもジーンとしました。ありがとう♪
oyakata
2006年02月02日 11:29
★月桂樹・さとこ・kiri 
皆様ありがとうございました。こころ温まるお言葉はプリントアウトしてお袋に見てもらってます。喜んでました(*^_^*) 
なんか毎日、作品を持って来そうな予感^_^;

※それにしても・・・・・「この方々とはどういうお知り合い?」「何処でお付き合いがあったの?」 だ・か・ら・・・何回も説明はしてるんですがねェ・・・まあ、完全に理解してもらうのは諦めてますが(+_+)
月桂樹
2006年02月03日 01:23
oyakataさん
Happy birthday!~★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆○○歳?!
おめでとう~♪
(*'-^)-☆ ハッピーな1日でありますように……
今、夜勤で仮眠時間です!
ではまた…
harumi
2006年02月03日 02:53
どの歌も、穏やかに優しい時間が流れてますね....
とても伝わってきます....
これからも作品、楽しみにしています(^.^)
oyakata
2006年02月03日 10:05
>月桂樹  ありがとね(^^ゞ 夜勤、大変だね。仮眠といっても殆ど休めないんだろうし・・・風邪ひかないように気をつけて^_^;

>harumi  お言葉は、お袋に伝えておきます・・・ありがとう(^^)
今日も雪・・お店、忙しいと良いね。実は、一昨日の雪では心配してたんだ(^_^;)
2006年02月05日 09:34
oyakataのお袋様の気持ちが伝わってくるいい歌ですね。「四歳の・・」と「病み上がり・・」のように、お袋様が少しでも前向きになっていただければ良いと思います。 kiriさんの「亡き人を・・」も良いですね。 お袋様におかれても、最愛の人を失って気持ちを沈めていくより、自分も精一杯生きてゆくから見守ってくださいね。という「今を生きる」という気持ちになって前向きになって欲しいです。
oyakata
2006年02月05日 10:54

>とおきん  ありがとね(^^) これでまたお袋が喜びますよ。

この記事へのトラックバック