制度改革

画像


ちょっと判りにくいかも知れませんが・・・これが今月から私に支給された「自立支援医療受給者証」(精神通院)です・・健康保険証と同じサイズです。

先月までは精神治療施設に通院・治療・投薬に掛る費用は一律5%でした。普通は33%ですから助かります。私の場合、現在の治療・処方ですと一回に掛る費用は合わせて500円程度です。普通だと3300円取られる訳ですね・・・一時、自由診療だった頃は毎回1万円以上払ってましたが(^^ゞ

今月から制度が変わり・・収入に応じた支払い義務が生じました。幸い?私は現在無収入ですから殆ど変わりませんがね。

精神治療を受けてる人は社会的適応力に欠ける場合が多く、ちゃんとした収入を得る事が難しい事例が多いのでこういう制度が出来てたのだと思います。それも、以前は収入には関係なかったのが、この手の患者が急増してきたので、収入がある人はそれなりの負担をして下さい・・と変わって来たのでしょう。

※介護保険料も上がりました。 年金の掛け金も上がりました(給付金は下がったけど)。
でもね・・・・これは、ほんの序章に過ぎません。これからは毎年々々、上がる事はあっても下がる事は無いでしょう(給付金を除いて)。徒に悲観する必要はありませんが、確実に暮らし難い時代になって行く事だけは確かですから、自分(家族)の身は自分で守っていくしかありません。制度の仕組みを知って、受けられる社会的支援は堂々と受けましょう・・・その上で自立していかなくてはなりません。

※私みたいに、ある意味特別な事情を抱えた人だけの話ではないのです。何か起きても国に期待してもダメだと思っていた方が無難ですよ。これからの日本にはそんな余裕は既に無いのですから(^_^;) 偽装疑惑で住めなくなったマンションの住人が支援を訴えてましたね・・・たまたま今回は救済されたようですが・・・あれだっておかしな話なんですよ本当は。同じような被害を自分が被った時は諦めた方が良いね・・・ああ、別に諦める事はないか、頑張って支援を受ける努力はしても良いけど期待は薄いということだね(~_~;)

画像


この人は本当にラッキーな政治家だねェ・・・・自分の信念を貫いてやりたい事やってさ9月には引退出来るんだから。ポスト小泉は本当に大変だよ~~(@_@;)

画像提供⇒free

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kiri
2006年04月02日 08:02
我が家も障害者自立支援法の改正で
更正施設に無料でお世話になっていましたが
今月から一割負担です。(送迎費は有料でしたが)
食事代なども無料だったのに有料になります。
すべて細かく分かれて全て値段がつけられています。
施設も価格を下げられた上に
利用者が休むとその分減らされるので
休みだった土曜日も開こうと計画立ててるようですよ。
どこも大変になりますが、ない袖は振れないということなのでしょう。
2006年04月02日 09:00
おはようございます!
どこも大変です、最近ではお年寄りから時々尋ねられます。
何とも、入所後もお金の心配をしながら、生きていく事、何が悪いのか・・・あの馬鹿踊りをしている人の思うまま・・・あれれ、ズボンが落ちそうですよ~~~~!小泉さん!!
見たくありませんから、ズボンを上げてください!えっ!無理?足が短い?はいはい!
oyakata
2006年04月02日 18:02
★お二人さん、まいど(^^♪

>kiri  以前からこの制度のことは承知してましたが、私の場合処方薬も少ないし月に一度程度の通院で済んでましたから・・・一応働いていたしね:::敢えて申請してませんでした。それが一昨年お袋が倒れ、退社が決まった時点でしばらくは無収入になるという事で、申請したのでした。実際、払う時の33%と5%の違いは大きかった(*_*; 今は本当に助かってますよ。

>月桂樹  利用者への負担も増えたけど、実は施設側へのシワ寄せもあるんだよねェ・・・現場は言い訳出来ないから苦しいよね(-_-;)
※関係する役人や政治家に一定期間の実習を義務付けたいところです・・・実際、そんな事したら邪魔になるだけ、なんだけどさ(^_^;)
2006年04月02日 20:16
ほんとにそう思う。役所の人たちは定期的に現場をみる研修を制度化するべきだと思います。
2006年04月02日 23:12
にしき君、見るじゃ駄目なんだよ・・・実務経験、そこが重要なんだけどね!
でも、こうして、にしき君がコメントしている事が、とっても嬉しく思うのは私だけ?

この記事へのトラックバック