鬱の波⑰

★いつもの事だけど・・・この「鬱の波」シリーズは、このブログを構成する大事なテーマではありますが・・・一般の方はスルーしても構いませんからね・・・全然楽しくもないし、明るい要素はほとんどありませんから(^^ゞ 特に、折角の一日のスタートを切ろうとする朝には読まない方が良いと思うよ^_^;

画像



************************

先週の丁度今頃は波の底に沈んでいました・・・

まあ、定期便みたいな波でしたが結局丸三日間動けずに寝てましたね。いつもの様に私の場合はひたすら眠ります・・・浅いですがね・・・夢も見まくりです・・・変な夢・・・・・でも、変じゃない夢ってあるのかな?^_^;

波をかぶってる間の対処法も身については来てます・・・「何もしない」「逆らわない」という立派な対処法です(^^ゞ

画像


先週の日曜辺りから、??ん?という始まりかけの予感はしてました。娘が来ててパソコンを買いたい、基本的なPCでの仕事(エクセル・ワード)を覚えたい・・と話をしてきた。 
※彼女のアパートから近いNTT関連の会社で新事業立ち上げの為、40~50人位のパソコン打ち込み要員を募集してるらしい。今回の募集にもれたとしても、今後の事を考えると息子も来年就学だし、ある程度のスキルを身につけておいても無駄ではない・・・と考えたらしい。今の会社も諸条件的に悪くはないが、選択の範囲が広いに越したことはないのは事実※

丁度、私の持ってるノートPCで余ってるのがあったからそれを次回来た時に渡す事にした。
チョイ悪PCで問題はあるが、この一週間で使える状態にして渡すよ・・・と娘に言ったのは良いが・・・直後から波を被ってしまって・・・沈んでる間もこの事が気になって気になって(~_~;)

どうせ沈んでる時は何も出来ないのは判ってるんだけどね・・・

結局、どうにか出来たのは木曜日になってからでした。月・火・水は殆ど何も出来ない。ブログは記事のストックがあるから、数分でアップできる(一応、内緒ね(^^ゞ ) 毎日三食作ってるが、全部記事にする訳じゃないからね。写真だけ撮っておけば記事は思い出して作れるし、時間があればストック用の記事も全部仕上げておく(^_^)v

この、一日の時間を小刻みに使う術も、この数年で会得したテクニック。駄目な時は逆らわずに寝て、ちょっとでも動けるようになったらチョコチョコっと作業をして直ぐまた寝る。ヒットアンドウエイですな(^_^)v 作業も本当は優先順位を考えて作業をすれば効率が良いのは判ってるが・・駄目な時は、とにかく目の前の課題を他の事は考えずにやる!部分的にでも可! どうせそういう時は段取りなんか無理なんだからさ^_^;

※我が女房殿もパニック障害という診断名を拝領してるます。実際は、私とタイプは違う鬱を含む精神障害のデパートみたいなお方です^_^; いまでこそ、こうして物理的に離れて暮らすことでお互い(周りの家族も含めて)バランスのとれた生活が出来ることに満足してますが・・・此処に至るまでは本当に大変な道のりだった(~_~;) 今、私の住んでる家に集まって、笑って昔の出来事を話してるけど・・・不思議な家族とは思いますが、幸せですよ(^^♪

他の家族はどうか知りませんが・・・無駄にぶつかって、神経すり減らし、消耗しながら「家族」「夫婦」にしがみつくより、こういう方法もあるってことです。

女房と一緒だった頃は、最初こそ余裕をかまして相手をしてましたが・・・・なんせ相手は「女」、それだけでも扱いが難しいのに「精神障害」という強力なおまけつきですから、もう大変でした。

画像


★感情の起伏が激しい・・・突然怒る・泣く・喚く・・・一日に何度でも何回でも・・・凄いエネルギーです(^_^)v 私は、調子悪くなるとエネルギーが欠乏するタイプだから・・・未だに理解不能です^_^;

★自己主張がはっきりしてらっしゃいます・・・「嫌や!」「駄目!!」 どうして?なんて疑問・質問は一切受け付けない、どころか火に油をぶっ掛ける行為です、それは(~_~;)

画像


★あくまでも自分が中心・・・妥協案と言うのは存在できません。一応、話の流れで一旦受け入れたように見える時もありますが・・・間もなくそれが私の勘違いであった事を思い知らされます(^^ゞ

☆☆女房殿の名誉の為にも言っておきますが・・・・上記の様な状態が普通なのではありませんよ(^.^) 精神的に不安定な状態に追い込まれた時に出る症状ですからね(^_^;)

画像


極々常識的な感覚の持ち主なんですよ、普段は
夫をたてるし、料理も上手いし、人当たりも柔らかいし・・・・
だから、他人からすると理想的な妻に見えてました^_^; 

遊び好きだった私は海だ山だって飛び回ってました・・・でも、それは女房も楽しめるのなら一緒に連れていきましたよ・・・女房は外に出るのは好きでありませんでした。

一見社交的にみえる女房ですが実は人付き合いは下手というか嫌いな人間です。人と接触すると疲れるのです・・・・そりゃしょうでしょう、あんだけ気を使えば^_^; 自分の素を出すのを恐れたのでしょうねえ。嫌われたって良いや、私は私!って開き直れないんでしょうね。

まあ、どうしてそうなったかは本人も私も判っていることですが・・・彼女の母親が、女房に輪をかけたそういうタイプの人なんですよ(^.^) だから、仕方ないのですが、本人もそういう母親を憎悪しながら自分もそうなっていくジレンマでバランスを崩してしまったのでしょう・・・

**********

別に私の鬱の原因が女房にあるなんて言ってないからね(^_^;)

私には私の生い立ちからくる原因があります。
今の女房と一緒にならなくても何らかの精神障害が発症したと思います。

原因なんてどうでもいいのです・・・本当に突き止められるものならそれもアリかも知れませんが、まず100%の解析は不可能でしょう。

大事なのは自分の抱えてる精神障害にちゃんと正面から向かい合って生きて行く事だと思います。そうすることで他人・・特に家族の同じ悩みも受け入れられるのだから。

ああ、今回は取りとめがなくなってしまいました・・・まあ、先週の後遺症かもしれませんが、これが今の私です・・・・(^_^)v


画像






画像提供⇒pya!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月18日 12:35
oyakataのウツの波は1ヶ月に3日程度ですか。おいらもその程度になってきました。ただ、おいらはウツと一緒に、PTSDを持っているので、変な夢と言うより、自分が事故にあったときや、大怪我をしたりする夢をしょっちゅう見ます。 PTSDを晴らすために、睡眠薬をビール大ジョッキ5杯+白ワイン1本毎日飲んで眠っていたので、肝臓も壊れて、海馬もおかしくなり、自律神経もおかしくなりました。 そして、精神病院に入院し、そこから会社に通っていたのですが、省庁改変で、あえなくクビになったのでした。
 今も、本来ならばシャッチキになって技術士の受験勉強をしなければならないのですが、シャッチキになると崩壊する事が目に見えているので、出来る範囲でボツボツとやっています。
>おいらからすると、一緒に小料理屋にいたときのoyakataがウツになってしまったということ自体が信じられない事です。 でも、同じ苦しさを分かってくれる人が身近にいるというだけ、ありがたいと思っています。
kiri
2006年04月18日 14:57
身近に鬱の人は居るのかも知れないけれど
一ヶ月に三日程度なら近所でも友人でも
言わなければ判らないね

oyakata、全然暗くないですよ。
率直に書かれてるから暗さは伝わってきませんよ。
経験者じゃないけど、経験者は結構身近にいました。それを話すとそれこそ暗いですよ(笑
少なくともブログで欝の事を書かれてる人たちは症状は軽いんだと認識しています。
此処は貴方のブログですから思う存分好きな事を書いたらよろしい!
同じ苦しみを持ってるとおきんの励みにもなるしね。
今日は穏やかで暖かな日になりました。
お母様とのドライブ楽しめましたか?
oyakata
2006年04月18日 16:59

>とおきん  あなただってねェ・・・お店でバイトしてたときの初々しい学生さんが、実はとんでもない暴れん坊だった・・・なんて、後から知ったけど、判らんかったもの(^_^;)
最初に作ったHPに投稿してくれたり、共通の知人(福士君)からの情報とかで、段々と貴方のハチャメチャ振りを知るようになったんだけどねェ(^.^) 今でも、貴方のブログを読んだらチョッと心臓の弱い人は逃げ出すようなエピソードが沢山(アレでもほんの一部)あるものね(^_^)v
ま、鬱に限らず精神障害の対処の仕方は、本人が見つけて行くしかないものね。他人に判る訳なんか無い!って思う(^^ゞ 少しずつ、出来る事からやって行こうね・・・「自分、不器用ですから・・・」と、高倉健になったつもりでさ(^_-)-☆
oyakata
2006年04月18日 17:12
>kiri  まいど(^^♪ へえ~ボタン押してる猫、本当に”ねっこ”に似てるね(^.^)ちょっと毛並みが短い感じだけど。
※まあ、極力暗くならないように努力もしてるし・・なんてったって私の場合は最悪の状況からは数年前に脱してるからね(^.^) 
”とおきん”以外にも此処を覗いてる仲間は居るんだけど、コメントなんか出来る状況じゃない人が殆どです。メールで連絡したり掲示板に書き込んだりしてるけど・・・出口が無い(と思い込んでる)人ばかり・・・
そんな人達の中から、一人でも抜け出すきっかけにこのブログがなってくれれば・・・と願ってます。
実際はそんなに簡単な事では無いと、重々知った上だけどね。
私や、とおきんみたいな人間でも頑張れてるんだもの・・・(^_^)v
さとこ
2006年04月18日 17:29
oyakataさん、みなさん、こんにちは!
今日の話題は、私には、返事しにくい話題・・・
身近にも、そんな方もいるけど、自分の身に降りかかってないので、どんな症状なのか、理解出来ないしね。下手な同情や慰めも、言葉が空々しい感じです。
ただ、奥様も精神的に不安定だそうで、それは結婚して、すぐからだったのか、また、oyakataさんの病気は、いつ頃からなのか?とか、小さい疑問は、沸きます。
私のブログに書いて下さる内容を見ても、いつもすごく常識的なことを、きちっと書いて下さって、oyakataさんの病を感じません。きっと会っても、見ただけでは、わからないのが、精神的な病気って、ことなのかな?
う~ん、何を書いてるか、わからなくなってきた・・・そして、返事しにくい!なんて言いながら、結構、書き込んでしまった(笑)
2006年04月18日 19:19
oyakataさん、ゆっくりしましょう。
oyakata
2006年04月18日 19:50
★>さとこ  そうそう、それが普通の方の当たり前の感想です・・・だから、気にしないで良いのだよ(^_^;) 最近でこそメディアでも取り上げられる機会も増えたとはいえ、目に見える障害とは違うので完全に理解は難しいと思います。 でも、誰でもが成り得る事だし、自分で「障害」と云われるレベルになってる事に気づいてない方が実は多いのです。
私みたいに、こじらせる前に少しでも早く有効な手立てに出会えることを祈るだけです。それと一人でも多くの理解者が増えて行くこと・・・これは他の障害にも共通した事ですがね(^_-)-☆

>にしき  おお、”にしき”に励まされちゃった!(^^ゞ はい!頑張りますぞ・・・ただし、ゆっくりね(^_^)v ゆっくり・あわてず・あきらめず これが鬱族の御念仏です(*^。^*)
harumi
2006年04月19日 01:13
「鬱の波」は大切に読ませてもらってます。
私の場合、激しい症状は表にでませんが
鬱なんだろうなぁーと思うことがありますから...
今も平均台を渡ってるような物で、
いつ踏み外すのか心配です物....(^_^;
でも、私には親方がいる!そんな安心感があるんです
ひどくなるような予感があったときには
すぐ親方に連絡します!よろしくお願いしますね(^.^)
oyakata
2006年04月19日 06:16
>harumi  貴女は自覚してるから大丈夫だよ・・・でも、不安がある時は遠慮なくどうぞ(^.^) ああ、あっちの日記はサッパリ更新してないなァ・・・(^^ゞ 

この記事へのトラックバック