δδ 山菜紀行 その② δδ

画像


ヤマアジサイ?かな・・ 
食べられません(^^ゞ 綺麗なので撮っただけ・・・





画像


ジュウモンジシダ(十文字羊歯) 前回紹介した「カスコゴミ」の正式名称。
葉を見ると十文字になってるのが判るでしょ(^。^)
勿論食べられますよ。





画像



マムシ草・・・これも山ではよく見かける・・・食べられません(^^ゞ
サトイモ科特有の形の花が咲きます。
手前のは、割れて中の花芽が見えてます。奥はまだだね。








画像



正式名称は不明 シオデの仲間。
結構昔から採って食べてます。細いアスパラといった風味。
岩手の某所では群生してます(*^。^*)








画像



名前が判らない・・・図鑑で見た気がするのだけど・・・
これも綺麗だったので撮りました・・以前では考えられない行動です(^^ゞ
食べられるのなら、だいたい知ってるのだけど・・・知ってたら教えてね(^^♪

★どうやら・・・白根葵 (しらねあおい)だと思います。








画像


ゼンマイ  私は採りません。採った後処理が大変なのと、ある程度まとまった量がないとなァ・・・それと、干した物の風味が最高なので、生で茹でても食べられない事はないのだけど、全然別物だからねェ(^_^;)








画像



ニリンソウ これは食べられます・・・・が、私は採りません。
似た物にイチリンソウや、あの「トリカブト」があるからです。
食べても、どってことない味なのに・・・危険を冒す気がしれません(^_^;)
実際、中毒例も多い山菜なんですよ(~_~;)


★中毒といえば昨日のニュースで、どこぞの居酒屋で「ギボウシ(うるい)」の新芽と間違えて「バケイソウ」をお客に出した・・・というのがありましたね(~_~;)
ま、確かに似てますがねェ。どちらも毎年同じ場所に出てくる山菜ですから、いつも行って採ってる人なら間違えるはずはないのです・・・たまたま行った場所でいつも採ってるものとそっくりのがあったので採取しちゃったんでしょう・・・お客に出しちゃいかんよね(~_~;)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さとこ
2006年05月10日 16:59
oyakataさん、こんにちは!
山菜図鑑を楽しく見ました。
そうそう、そのニュースを、私も聞きました。客に出したので、被害が広がりましたね。
トリカブトなら、死者が出たでしょうね。

ゼンマイは、よく煮ますが、生のを見たのは、初めてです。干してあるか、水煮しか知りませんでした。
kiri
2006年05月10日 19:06
oyakata、さとちゃん、みなさんこんばんは~♪
春の山はいいですねぇ
次から次と芽を出して楽しいでしょうね
ゼンマイは国産のは外国産の3倍はします
きっと手間が掛るからでしょうね~
田舎からワラビや蕗の乾燥物を貰ったりします
田舎ではお盆やお正月用のお煮しめの材料になるんです。
風邪をひいてるのに山通いは大丈夫ですか?
無理しないでね~
oyakata
2006年05月10日 19:46

>さとこ  山菜は勿論、最近の方々は野菜も畑でどういう風に生ってるか知らないんだものねェ・・・仕方無いとはいえ可哀想(^_^;)

>kiri  山形の知り合いの近くに、過疎が進んで廃村になった場所があちこちにあるのですが・・・この時期になると関係者(下に降りた元住人)が掘っ立て小屋を建てて数週間過ごします。男衆は山に入ってひたすらゼンマイを採り、女御衆は小屋で大きな釜でゼンマイを茹で、地面に敷いた筵にゼンマイを拡げ、端から丁寧に満遍なく手で揉んでいきながら数日かけて干し上げるのです。

廃村巡りも面白いものがありますよ・・・治安・防犯の為、殆どの建物は取り壊されていますが、学校の一部が残ってたり、村役場や郵便局があったであろう跡地(塀や土台は残ってる)に立つと、道路はそのままですから、かつての村の息吹が蘇えってきます(^。^) 普通の住宅の跡地では、主が居なくなった後も毎年色んな花が咲いてるのも、物悲しい雰囲気です・・・・
2006年05月10日 21:43
こんばんは。
すごぉ~い。山菜博士みたいだ(^^)
なつ猫は、あまり知らないので…
ワラビとかウルイとかコゴミとか…
そんなもんしか分かりません。
いろんなの知ってるんですね~。
すず
2006年05月11日 00:00
親方さんみなさんこんばんは~

山菜紀行楽しく拝見しました。
山アジサイは 改良種に比べ質素ですが季節をたがえずしっかり咲き季節を伝えてくれるし 昔のままの姿は美しさとは又違う懐かしい古きよき時代を思い出させてくれます、
必ず小学校の音楽の本にはや山あじさいにしがみつくかえるの姿があった様な~

今夜の夕食に こごみの胡麻和えがありました。
以外と脂っこい感じですよね~

あたしもしらねあおいだとあたしもおもいます・
少しや山に入ると 当然のようにあるので意識しないでしまいますが こうしてみますと立派だ事~
高山植物には 綺麗な花が多いのにびっくりひっそり人知れず咲く花 いとおしいですね~^0^




すず
2006年05月11日 00:01
ぜんまい はよく 田舎の親戚が届けてくださいます ほんのちょっぴりが 物凄い量になるので戻すときは 加減しないとね^m^
深みのある山菜のいい香りが おなべ一杯にひろがって たべたいなぁ~ ぜんまいのクルミ和えは絶品だわ^~^じゅる~

トリカブトは改良されて 観賞用として庭先にあるけど 何となく不気味なお隣さんちのとりかぶと~で~す・

うるいも つるっとして お味噌汁専用でいただいてます。なき義母が庭先に植えておいてくれました・おひたしにもいいってね^m^
毎年食べてもなんともないので バケイソウではないようです~

廃村の後のものわびしい姿が よくドライブしてても目に留まり しばし車を止めて 感慨深く眺めたりしてるこのごろのあたしです~
親方さんのコメントで ふと 八幡平の鉱山跡を思い出しました。
oyakata
2006年05月11日 07:54

>なつ猫  私は小料理屋をやってたので、どんなに採っても食べてくださるお客様が居たので、それが励みになって覚えられたのでしょう。勿論、安全第一なので店で出したのは、採った物の一部でしかありませんでした。大部分は自分の研究用に採って自分で食べてました(^^ゞ

>すず  廃村を初めとして、廃墟マニアって結構いるんですよ(^^♪ ネットで調べると色んなサイトが出てきます。私もマニアというほどではありませんが、廃墟の持つ不思議な魅力には昔から惹かれていました(^_^)v

この記事へのトラックバック