ξξ 山菜料理 その③ ξξ

画像


シオデ?じゃないんだけど細いタイプの近種だと思います。10年以上前に岩手の網張スキー場でパラグライダーの練習中に見つけて以来、大好物の山菜になりました。そこには鉛筆くらいの太さになる普通の「シオデ」もあるのですが希少種・・それに対して、この細いタイプは沢山出るので、もっぱらこれを採って食べてました。
★今日は胡麻ダレで和えました(^^♪






画像


先日も紹介した「カスコゴミ」正式名称は「十文字羊歯(しだ)」です。何故そういうかは昨日の記事を参照のこと(^_^)v
今日は酢味噌和えです(^^♪







画像


ナルコユリ ほんのり甘く、かすかに苦く・・・春の風味です。
直立してるうちが食べ頃、段々と上の花芽の部分が垂れてきたら・・・あとは花を観賞した方が良いですね(^^♪
今日はドレシングで和えた後、マヨネーズをかけていただきます。









           *****************





               過積載 番外編




画像


終戦直後の日本の風景のようです・・・何人乗りなのかねェ(^^♪
乗客が幼稚園児とはいえ、オジサンも大変だァ(^_^;)
おそらく日本初のスクールバスだね(^_^)v






画像


画像


法律上は問題ないのかもしれないけど・・バイクが可哀想(*_*;







画像


過積載というより・・・どうやってこんな崩れない組み合わせが出来るのか・・・それが不思議だよね(^_^;)





画像


これも不思議が一杯!
①どうやって積んだの? 
②途中でずれたり落ちたりしたらどうすんだ?
③部品を外してるとはいえ、鉄の塊りだから150kg以上はあるでしょう・・こんな台車で大丈夫かよ・・縛り付けてもいないで手で押さえてるだけ??





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kiri
2006年05月11日 09:32
みなさん、おはよう♪
またまた雨の朝です。

この三品全て食べたことありません。
当然ですよね、この前名前も知らないって言ったばかりだし(^-^;
食べると体の中が浄化されるようなメニューですね。

ぎっしり詰まった幼稚園バス
流石に重そうですね。(笑
昔の教室は後ろまでぎっしりでした。
少子化問題なんて想像も出来ない時代でしたね
2006年05月11日 14:50
oyakata.kiriさん、こんにちは~♪
私もkiriさんと一緒で、山菜とはあまり縁がありません、副菜で少し頂きたいですね!
とくに癒しの旅先で・・・あーどっか行きたいな~!
幼稚園バス?これって韓国じゃない?

カワサキのニンジャがぴったり、はまってるよ
~ガソリンタンクはお腹で暖めていますぅ・・

薪を担いでるお姉さん達のお顔・・・アップして見たら・・・・(^^ゞ
さとこ
2006年05月11日 20:11
oyakataさん、みなさん、こんばんは!
私も、月桂樹さんに言われて、マキをかついでいるお姉さんを、アップで見てみました。やはり、重いようです♪

私も、この山菜を食べたことは、ありません。ナルコユリは、花としては、知っています(*^_^*)
よく暴走族の少年たちが、原付に3人で乗ったりしてますね。
あれも、原付が、可哀想だと、思ってみてます。
2006年05月11日 21:38
こんばんは。
いつもながら、美味しそうな料理♪
是非、うちに出前してほしいものです。
…しかし、あのバイクの兄ちゃん(笑)
ポケバイみたいに見えちゃうけど…(^^;
外国では、荷物を積む知恵があるんですかね~。
日本みたいに便利でないと知恵がつくのか?
すごいなぁ~と感心してしまいます。
すずらん
2006年05月12日 00:21
完璧主義の用意周到の今の日本

"遊び"とか"ゆるみ"とか"無駄"とかすくなくなって
おもしろくないですよね~
戦後必死でその日を生きた人たちの 泥だらけの手に光る 其の日の稼ぎ
アクシデントのたびに人々は
"もお!!"とか"なによ!"とか
怒りながらそれも 時が流れいつか懐かしい思い出になっていくんですね・

どんなに大変なことしてても希望と夢とで膨らんだ笑顔には  笑いかすの残らない爽やかさを 感じるわ^m^

oyakata
2006年05月12日 02:14
★風邪引いて喉が腫れてるoyakataです。それ自体はたいしたことが無いのですが、そこが起因する頭痛が酷く(不定期にピキーン!という疼痛)今も夜中に起き出して薬を服んだところです(~_~;) 熱は無いんだけどねェ・・・

>kiri  そうそう、私達は団塊の世代の最後の方ですが、教室の後ろには余地はありませんでした。一クラス50人以上なんて、今の人達には想像もつかないでしょうね(^_^;)

>月桂樹  培英幼稚園で検索してみたら・・・台湾(中華民国)の新竹市に実在してました。写真のと同じ幼稚園かどうかまでは確定できませんが、スクールバス?を必死に引っ張ってるオジサンの笠の形や、警察官?の風俗からも南方系の趣を感じますから、おそらく間違いはないと思います。
oyakata
2006年05月12日 02:31
>さとこ  ナルコユリもオオナルコユリも、花は写真でしか見た事がない私です(^^ゞ 茎が直立してるのが食に適してて、花芽が育って茎が垂れ下がり始めたら見向きもしなかったからねェ・・今年はちゃんと花も愛でてみようと思ってます(^。^)

>なつ猫  まあ、日本だって昔はそれなりの暮らしの知恵で溢れていたはずなんでしょうがねェ・・・見かけの便利さの代償にその殆どが失われてしまったのは悲しいですね(~_~;)

>すずらん  ?すずとは別人かな??雰囲気としてはお初とは思えないので、すずとして・・・こんちわ(^^♪  まったく、ギスギスした世の中になってしまったもんです。昔の、物には不自由してた時代の方が、心に余裕がありましたね確かに。川岸がコンクリートで固められ、流れはダムで堰き止められたように、その時代では正当な効率の良い施策と思われてた事が、日本の自然を失くしてしまいました。それが判っていながら、未だに官業の癒着で無駄な道路や施設を造り続けてるのは何とかならんもんですかねェ(~_~;)

この記事へのトラックバック