ДД Susan Boyle  ДД

Brtains Got Talent ・・あのポール・ポッツやコニーちゃんを輩出したオーディション番組です・・今年もユニークな出場者が沢山いて、面白いですよ(^^♪

※ ユニーク過ぎて、なんじゃァこれは??ってのも多いのが今年の特徴かな?^^;

デブの親子のギリシャ&アイルランド?ダンスとか、
訳の判らない初老男性のダンサーとか、
自称魔女!?なんて、とんでもないおばちゃんが出てきたりとか、
ストリップ紛いの中年女性のダンス(でも、予選通過!)とか・・・


そして、出てきたのがSusan Boyle (スーザン・ボイル)という47歳の、下の写真でも判るように、ま~ず冴えないオバちゃん。 ありゃりゃ、これも訳わからないジャンルなのかなァ(~_~;)・・と思ったら・・

画像


まずは彼女の歌を聴いてみてください→こちら



今年も決勝が楽しみになってきました(^^♪










しばらく登場してなかったから・・もう、忘れてたでしょ^^;


画像


彼?は、まだまだ諦めてはいないのだ・・・(^_-)-☆









      新情報入手!

緊急追加だよ~ん(^_-)-☆








イギリス国内のTV局は勿論、アメリカのTV局でも彼女の特集を組んでの大フィーバーです(^^♪

ネットでもファンサイトがどんどん立ち上がってるし、色んな情報が溢れかえってますが・・・彼女自身は田舎住まいの、教会のお手伝いに熱心な、いわゆる昔風のイギリス婦人のようです。

誰かが作成してくれた、この音声無しのビデオの中には、彼女の地元での日常が良く表されてますよ・・・普段からひょうきんで、家庭でも近所のお付き合いでも明るい性格で溢れて、愛されてるのが良く判りますね。





それにしてもさ・・・もう少し、髪を手入れしても“神様”は怒らないと思うけどねェ(^_-)-☆



☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

追加情報、第2弾!!

さっそく日本語の字幕をつけてくれた人がいましたサンキュ(^_-)-☆

こちら

私なんかにゃ到底聴き取れない、細かい部分もちゃんと拾ってくれてるので嬉しいねェ(*^。^*)(*^。^*)

審査員との遣り取りのところなんか最高だよ(^_-)-☆








スーザンの字幕を作ってくれた“らばQ”が新たな情報をくれました

彼女の出演した次の日のステージに登場した少年が、スーザンの時に負けない感動を与えてくれた!














※ う~ん・・・確かに感動的ではあるんですが・・

なんか引っ掛かるんですよ・・

素直に感動できない事に、自己嫌悪になりかけているoyakataです(~_~;)

私の思い過ごしであって欲しいんですがね・・・





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

yuu
2009年04月17日 06:25
あたしも諦めないぞぉ~笑

何が、どうって・・・
この振るえは………感動?♪

この手の歌は、マドンナのエビ-タ位しか、好んで聞かなかったから、判らないけど、なんて、若々しい声。と思いました。
審査員の態度に動じない、堂々とした態度も、Yes!を貰った後は、喜んでいましたね!

いつも思うんだけど、
アントニオバンデラス風な、お兄さんと
めざましTVの大塚アナ?似の、おじさんと
美しいお姉さんが……
聞いているうちに、みるみる感動を表し、笑顔になるのが、とっても見ていて、嬉しいって言うか、好きです。

あぁ、今日もoyakataさん、ありがとう♪♪
2009年04月17日 17:00
★★★★★

しとしと雨の仙台です・・・


>yuu  喜んでいただいて、なによりです(^^♪

この女性、決勝ラウンドではどんな格好で登場するんでしょうね(^・^)

ポールもコニーも、決勝の舞台には正装して来たもんなあ・・

スーザンも髪をセットして、眉毛を整えて、ドレスで登場かな? (^_^;)

姿勢がとっても良い方だから、ドレスも似合うと思うよ(^^♪


★★★★★
月桂樹
2009年04月17日 20:20
夕方のニュースで彼女の事が話題になっていました。
YouTubeのアクセスが物凄いことになっているとか・・
すごい歌唱力、見た目のギャップに更に驚き!
観衆を一瞬のうちに、これだけ感動させられるなんて素晴らしいの一言です。

彼も?諦めずによく頑張るよね(^^;
2009年04月18日 03:26

>月桂樹    彼は、まだまだ諦めませんぞ^^;


ほほう、TVでもやってましたか(^^♪

最近のメディアは、TVも新聞もネットからの情報を無視できないからね・・

無視できないどころか、某新聞の幹部編集者が積極的にネット上での情報操作をしてる事が明るみに出て問題になったり、某TV局の番組では架空のブログをでっちあげて、あたかもそこから新たな話題が持ち上がったかのように操作したり・・・困ったもんです(~_~;)


しかし、考えてみたらYou Tubeがこの世に登場して、たかだか4年!なんだよなぁ・・確か05年の12月だもん。

しかし、設立者の二人も早々とGoogleに売り渡して正解だった。

当初は著作権&著作権料もさほど問題にならなかったけど、いまやその金額もバカにならないし・・何より世界的に利用されることでの通信費(維持費を含む)が膨大になってしまって、年間の赤字が4~5百億円!

でも、やめる訳にもいかないだろうし・・大変だわねェ(^_^;)


2009年04月18日 12:45

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

今、ネットをチェックしてたら・・・

やっぱり、このオバちゃん、ただの素人じゃなかったぞい(^・^)


10年前にCDをリリースしてんだけどさ、その歌声の素晴らしいこと!
(*^。^*)(*^。^*)  ビジュアルは今のままだけど(^_^;)

記事の最後にそれを追加しておいたから、聴いてみそ!



さあ、さあ・・本当に決勝が楽しみになってきました(^_-)-☆


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡




2009年04月18日 17:38

★★★★★

訂正、訂正・・9人の子持ちっていうのは私の聞き間違いだったみたい(^^ゞ

TVのインタビューでそんなこと言ってるように聞こえて、その後に子供達とジャンプしてる写真なんかあったから、早合点してしまいました(~_~;)

予選の舞台横でのスタッフのインタビューでは、まだ独身って言ってたしねェ・・キスもしたこと無いなんて言うから・・これは冗談かと思ってました。

仕事を探してる最中で、教会のお手伝いをしてる・・というのは確かのようです。

私の拙い聴き取りなので、まだまだ間違っているかもしれないけど・・その辺はご容赦を^_^;

★★★★★
yuu
2009年04月18日 19:24
独身~?!
デビュー経験あり~~?!笑
でも、凄い素敵な声・・・
優勝・・・するよね??笑
2009年04月18日 20:33


>yuu    CDをリリースしたといっても、1000枚プレスしただけというから、自費製作みたいなもんでないのかなぁ・・

ちなみに彼女、4/11が誕生日だったので48歳になったそうです(^_-)-☆

去年のこの番組には目玉となる出場者は居なかったので、私も敢えてブログで紹介しなかったんだけど・・・

なんせ、あのコニーとポールの感動が強過ぎて・・これを越える人材なんかそうそう居るもんではないもんなぁ~と思ってたら^_^;

イギリス・・・奥深いなぁ(^^♪


oyakata
2009年04月18日 20:33
まあ、ポール・ポッツの二番煎じだとか・・・ビジュアルとの落差で受けてるだけだとか、色々言う奴も確かにいるんだけどさ


勿論、彼等は人並み以上の歌唱力は充分にあるのを前提に言うけどね・・
コニーちゃんもそうだったけど、歌唱力が総てじゃないんだよな“歌”の魅力って・・・人を感動させる“何か”が有るかどうかだと思う。



あくまでもTVだから、何かしらの演出はあるだろうけど・・・それだけじゃ絶対に、あれほどの会場を埋め尽くした観客を一瞬に感動させる事なんか出来っこない!! と、oyakataは思います(^_-)-☆

2009年04月19日 03:52


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

追加情報、第2弾をアップしてありますよ(^_-)-☆


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
yuu
2009年04月19日 15:10
も~ね…
この涙と震えが、何なのかとか
理屈じゃないね~笑
判らないもん、ぷぷ

コニーちゃんとか、ポールさんのときは、無理やり理由をつけようとしたら、付けられたけど、スーザンさんの歌の感動には、理屈を付けられない、笑

”箱入りですから”なんて、言ってたんだ!爆笑
あたしも、どーして今まで独身だったの?と聞かれたら、箱入りですからと答えよう!
2009年04月19日 16:40

>yuu  信州の箱入り娘さん、こんにちは(^^♪


TVのインタヴューを聴き直したら、彼女自身が9人兄弟の末っ子だってさ。

結婚式の写真があったけど、あれはご両親でしょうね。






※ 2年前に91歳で亡くなったお母さんの世話をする為に、歌手の道に進むのも諦めたし、婚期も逃したらしい。

彼女は母親が47歳の時の子供で、難産の為に脳に酸素が充分に供給されなかった事からの脳障害が残り、学習障害児として学校ではイジメの対象になった事もあった・・・と思い出を語ってる。 

かつてはローカルの大会で数回優勝した事もあったが、地元教区で自分の歌は必要とされてるし、母親を天国送り出すまでは出場しないと決めていたので、今回の出場は、母親の葬儀の後では初めての事だった。

1999年に出したCDも、教会のチャリティーの為。

        ※ 以上、英国版Wikipediaからの抜粋



yuu
2009年04月19日 19:28
えぇ~~!47才の時の娘さんですか…家より凄い!笑

六時のワールドニュース、七時のNHKニュースと、連続して、ご紹介されてました、笑。可愛くカールも綺麗に巻かれてて、清潔なネックレスもしてました、笑

こりゃあ、決勝戦はドレスだな、笑
もう準優勝でも、デビューの話は持ち上がるんでしょうね。
2009年04月20日 03:53

★★★★★

>yuu  >>もう準優勝でも、デビューの話は持ち上がるんでしょうね。


予選での素晴らしさに、サイモン(貴方の言うところのアントニオバンデラス風な、お兄さん)は既にCD製作の構想を練ってる・・とか^^;

※ サイモンは、有能なプロデューサーでもありまして、イギリス人だけどこの番組のアメリカ版を、より成功させたもんで・・・物凄い金持ちになってるそうですぞ(^・^)

※ アメリカ版のこの番組は、優勝者を決めていく過程がイギリス版とは全然違う・・10人程度に絞られた出場者が、毎週違うテーマで競って行き、視聴者の投票で毎回1人ずつ落とされてしまう。

視聴者を数ヶ月に亘って引き付けていくから物凄い盛り上がりになっていくし、本当に巧い(幅広い能力→プロ歌手としてやっていける)歌手でないと残れない・・だから、アメリカ版ではポールもコニーもスーザンも、決勝になんか絶対に残れない。

★★★★★
yuu
2009年04月23日 19:46
サイモンさんは、あんなふうに、ストップをかける事もあるんですね。
二度目のチャンスをもらえたラッキーくんかぁ。

ちなみにusaは耳を傾けず、寝ていました、笑
2009年04月24日 12:17

>yuu    まあね、普通に見ていけば・・厳しい審査をするからこそ感動の場面も生れる・・ってところなんでしょうが

サイモンのセンスも認めてるoyakataですが・・・やり手の彼だけに、どこまで意識してやってるかは別にしても、番組を盛り上げる為の努力は惜しまない(手段は選ばない)でしょうから・・

ひねくれ者のoyakataとしては、一旦何かを感じてしまうとなかなか払拭しきれないんですよ・・この番組が好きなだけにねェ(~_~;)

★★★★★
yuu
2009年04月24日 15:44
>番組を盛り上げる為の努力は・・・

ぷぷ。
先日はABNのニュースステーションでも紹介されてたんですけどね、古館さんも同じような事行ってたかな。”気持ち悪い位に”なんとかこうとかって、笑
TVはクレームが怖いから、やたらな事言わない方がいいよ・・・なんて、思ってみてました、笑