ии “ Zero G ” ии



今日は、先日とは反対の“ Zero G ”・・そう、無重力です(^^♪



まずは 軽飛行機(パイパーPA28)での無重力

急上昇した後に、失速させて機体を自由落下させます



ストール(失速)に入れるのは、訓練飛行での必須項目ですが

見てる程には気持ちの良いものではありません(~_~;)
















でも、こうゆうのを見ると・・・



ちょっとは楽しいのかな?って思ってしまうよね(^^♪















宇宙飛行士も訓練の一環として、大型の専用機での無重力体験&訓練を行いますが・・

それを商売にした会社があります。

やってるのはNASAの関連会社みたいです・・・会社&ツアーの紹介サイト→こちら

ツアーの方は、何故かロシアの訓練施設?を使ってます

一番の理由はコストの関係だと思うけど、ま・・冷戦時代と違い今はアメリカとロシアは共同で宇宙開発してるからね(^・^)

それでもなんだかんだでツアー料金は、以下をパックにして

* 無重力体験飛行
* モスクワのホテルでの2泊の宿泊代
* モスクワ市内からスターシティーへの往復の交通費用
* 持ち帰り可能なフライトスーツ、写真とビデオ
* 訓練施設使用費用、メディカルチェックの費用と昼食

約60万円は掛かるみたい(~_~;)

もっともこれって、HPには1998年のデータしか載せてないからなぁ・・・会社そのものの存在とツアー料金に関しては最新情報を調べた方がいいかもね、もし行く気があるならさ(^_^.)


軽飛行機の時とは違い、大型の専用ジェット機ともなると、無重力の時間も20~30秒も体験出来るとあって、ツアー客のはしゃぎ振りは相当なもんです(^_^.)



ま、そんだけのお金が掛かってるからねェ・・楽しまなきゃ損だものな(^_-)-☆










こちらは、偶然にも無重力体験?をしちゃったWanちゃんです(^_-)-☆

画像






























でもね、でもね・・ちゃんとしたツアーならともかく、軽飛行機とかヘリコプターでの
“ Zero G ”体験は

誰かに経験させてあげるよ!って言われても、丁重にお断りしたほうが無難

かと思います・・・何故って?



こういう悲惨な体験をする羽目になるかもしれないからです・・(~_~;)





お食事、直前&直後の方・・・ごめんなさい(^^ゞ


画像











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

yuu
2009年05月14日 05:16
あっぷっぷ~してる女性は、誰なんですかっ??笑

犬浮いてるよ~爆笑
しかも、白目向いて落ちて行ってない?笑
いやぁ~あの、すぅぅぅぅぅ・・・・・・っとする(だろう)感覚がします、笑
ぞくぞくします、涙

oyakataさんは体験してみたいでしょ?笑
2009年05月14日 09:09

★★★★★

>yuu  >>すぅぅぅぅぅ・・・・・・っとする(だろう)感覚がします、笑


はい、その通りですよ・・ぞくぞく、ってします(~_~;)


>>oyakataさんは体験してみたいでしょ?

いいえ! 嫌です!!!(>_<)

実際、パラグラィダーでも体感しますが・・・大体が良いコンディションの時では無いし・・・乱気流に巻き込まれる直前とか、機体が潰れる前兆だったりするので(別の意味で、大事にしなくてはいけない感覚なんですが)、“ぞくぞく”どころか“ざわざわ”って(全身に鳥肌が立つ感覚)、しますよ(~_~;)(~_~;)(~_~;)(-_-;)

★★★★★


2009年05月14日 11:12
0Gかぁ。ロシアの60万円のパックは円高だから、さらにお得になってると思うけれど…。結局9.8m/s^2の加速度で地面に突っ込んでいく時0Gになる。飛行機は、ジェットで加速しているから、斜方投になるけれど、時間とともに速度が上がるから、飛行士が失敗したら、そのまま地面に突っ込んで終わりだからねーーーー。やるなら、自分で飛行機のライセンス取ってやりたいな。
2009年05月14日 16:12

>とおきん   パック料金にはロシアまでの旅費は入ってないから・・シベリア鉄道で行こうかねェ^_^;

一日中、窓の外の景色がほとんど変わらない・・・飽きるんだろうなァ(~_~;)


シベリアをバス旅行をした人の日記で・・

★★ 冬、雪の平原の、360度な~~~んにも無い場所で、地元民らしき人間が1人降りた・・・彼はバスが発車すると、何の迷いもなく、ある方向に向かってすたすたと歩き始めた。 その先には、我々が見る限りにおいて、草一本・石一個・樹の一本も見えない、只の雪原が広がっているだけだったのに・・・★★

てのがあって、なんとなく感動した事を覚えてる(^・^)