♪ Britain's Got Talent  The Final ♪





このグループ[Diversity]の優勝で今年のBritain's Got Talent は終了しました。

今回の決勝にはダンスグループが4組も残って、[Flawless]も観てもらえばわかると思いますが、とにかくダンスのレベルの高さに驚きました(^。^)







と、言う事は・・・あのSusan Boyleは残念ながら優勝は逃してしまった訳ですが(^_^;)


準決勝では、この歌を→こちら

そして決勝は、あの歌→こちら









準決勝&決勝のプレッシャーは相当なものなのでしょう・・・

あるニュースサイトの報告では・・・あのスーザンも、余りの重圧に途中で会場から帰ろうとしてたそうです^_^;

予選の時の、のびのびした歌声や態度が消えてしまってるのが残念でしたね











oyakataがひそかに応援してた Hollie Steelも・・可哀相に、声が出てないよォ
(~_~;)→こちら



緊張の余り、最後には震えが止まらず涙まで・・

でも、よく頑張りました!(^^♪





画像




予選から決勝までの流れと、主な出演者の紹介は→このチャンネルで


また、公式サイトは→こちら

審査員のコメントやファイナリストの紹介など詳細を観る事ができます。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

yuu
2009年06月01日 05:12
あらあら~そうですかぁ~
でも、このダンスも凄いねっ!
早いのに、これだけ綺麗に見れるなんて。
今の若者って、簡単にダンス作れたりするって、子持ちの人が言ってたけど、才能あるんだですね~
スーザン、夜見てこよう・・・涙
2009年06月01日 06:53

★★★★★

>yuu  スーザンは、とにかくマスコミやファンの攻勢が凄くって、だいぶナーバスになってしまってたようです。決勝前にもホテルの前で、心無い野次馬の言葉に感情的になって、駆けつけた警官(警備員?)ともトラブルを起こしたのが報道されたりしてましたから・・・



優勝したグループは兄弟&友人のユニットで、構成・技術、共に飛びぬけていましたね。才能も勿論でしょうが、物凄い練習の賜物だと思います。


歌の分野の人達の殆どが、決勝に進すむ中でプレッシャーからか、力を出し切れなかった(音程を外したり、リズムに乗れてなかった)のに比べて、重圧を撥ね退けやすい団体の強み(お互いを励まし合えるから)が生かされたような気がしました。

★★★★★

月桂樹
2009年06月01日 07:32
スーザンの活躍は、朝からTVで何度も報じられていました。
緊張が伝わってきますね。
でも終わってホッとしたでしょうね。
2009年06月01日 18:41


>月桂樹   >>でも終わってホッとしたでしょうね。

そうね、最後の二組になっていよいよ優勝者が発表!となった場面でも、優勝してはしゃぎまわる若者の側で、肩の力が抜けた感じで微笑んでいました。

決定する直前も、手を握り締め、目を強く瞑って必死に優勝を願う若者に比べてスーザンは静かに祈っていました・・これ以上の栄光を願う気持ちは余りなかったような雰囲気に思えました。

この数週間、翻弄され続けた彼女の素直な気持ちだったと思います^_^;

セミファイナルでの歌唱の出来の不甲斐なさは自分が一番知っていただろうしね・・・

ポール・ポッツはプロになったけど、スーザンは別にプロになりたいとは思わないだろうし(オファーは沢山来てるし、人前で歌を歌うことは望んでいるだろうけど)、これからも田舎の教会を通じて、静かに歌って行くのが幸せなんじゃないかなァ・・・とoyakataは思ってます。