ДД 鬱のリハビリ ДД

「鬱のリハビリ」というタイトルも、ナンバーが幾つまで行ったのか忘れるくらいに

暫く書いてませんでしたが・・・



★★ あ、いつもの事ですが・・この手の記事はスルーして構いませんからね。

殆どは、自己確認の為に書いてるようなもんですから・・








私の、ここしばらくの波も、なんだかんだで2年以上になるんでないか??


ブログの更新や、新聞配達、日々の食事の準備・・最低限の、これ等の作業はどうにかクリアしてる・・・

逆に考えると、他が全然出来てないのに、これ等はどうにかやってるのが不思議なくらい・・・普段の生活は、本当にグダグダなんだよ~~(~_~;)


画像













10分から15分刻みならどうにか神経集中できる(直ぐに疲れてしまう、目が開けられなくなる)ので、ネットでニュースをチェックしたり、ネタを集めたりは出来る。

チェックしても、それを纏めたりは出来ないので、ネタも殆どがただ溜まって行くだけ・・


画像














メール? う~~んと・・一ヶ月に一回チェック出来れば良い方かなぁ
※ だから、たまにチェックする時はスパムを処理するだけで結構時間を費やす

携帯に来るのは見るけどね・・直ぐに返事とかは無理だねェ



画像



















そんなグダグダ生活に、どっぷりのoyakataですが

最近、こんな記事をみつけました


★鬱でお風呂入れない人、入るの面倒な人★

http://afterapg.blog97.fc2.com/blog-entry-468.html






私はネット上をあちこち行きますが、2ch(にちゃんねる)はゴチャゴチャし過ぎてて行きません。

でも、色んな情報が此処から発信されてるのも事実なので、無関心って訳でもありません。

有り難い事に、そういう人間の為?に、2chで話題になった事とか、それを取り上げたメディアの情報を纏めて発信してくれるサイトがあちこちにあるので、重宝してます。



上記のサイトもそんな中のひとつ・・・所謂「ネタサイト」って奴ですな。






中を見て頂くと判ると思いますが

おそらく、スレッドを立てた本人も鬱か鬱の病歴を持った人間なのでしょう


鬱同士の“同病、相哀れむ”で、一般の人には理解しづらいであろう悩みを打ち明けあってます。


今回のテーマは「お風呂・・入浴、シャワー、洗髪、歯磨き」


一般の方々にすれば、「なんて不潔な・・」としか思えない鬱族の実態でしょうなぁ・・



でも、個人での程度の差はあれど、鬱族の共通の悩みのひとつが、これだと思いますよ。

また、鬱のレベルを計る指標にもなる・・・客観的な判断が出来る、数少ない指標なので、ベテラン鬱族は大事にしてるんじゃないかな? (^_^;)

画像



















鬱族は不潔を受け入れてる訳では決してないのです。

むしろ、通常では一般人より清潔好き・・というか潔癖症です。


ですから、一旦不潔の螺旋に入り込むと・・自己嫌悪から益々負のスパイラルに入ってしまうのです。



こういう傾向は色んな分野に及びます

食欲に向かえば「拒食」と「過食」

整理整頓のスパイラルに入れば・・・行き着く先は「ゴミ屋敷」

薬物や人間関係のスパイラルに突入したら・・あの世は直ぐそこに

画像






















ま、直らない病気では無い! とは言いますが


嘘では無いんですよ、嘘では・・・



でもね、治り難い病気でもあるんだ・・って覚悟は必要ですよな








ウイルスなんかで罹る病気ではないので、完治は難しいねェ



アルコール依存症がその典型ですが、この病気(これはれっきとした病気ですからね)は、けっして完治はしません。

でも、アルコール依存症から抜け出す事は可能です。


でも・・でもね・・ワクチンとかがある訳じゃないので、お酒を呑まなくなって10年経とうが20年経とうが・・一口でも呑んだら、その瞬間から以前のアルコール中毒患者に逆戻りです。


ですから、アルコール依存症に再び罹らないようにするには、ひたすら「お酒を呑まない」生活を続ける・・・これしかないのです。

画像


















勿論、これも本人の相当の努力と、周りの理解がないと持続できない、難しい病気・・・


でも、一応、解決策というか有効な方法が確立されてきてます。



鬱病には、まだまだそういう分野での研究は進んでません、残念ながら。



鬱病の分析なんかは相当進んでますがね

有効といわれる薬も、毎年何種類も発表され、それなりの成果もあがってるようです。




最近では小説やTVでも鬱がテーマになってるのも多く、NHKなんかでも色んな世代向けの鬱の啓蒙番組が作られてます。

でも、鬱病と一口に纏めてても、実際は10人居れば10通りの病状・病歴があって、特効的な治療法、処方薬がある訳ではないのが現状です。




ああ・・なんか、何をどう持って行きたいのかoyakataも判らなくなってきたわい(~_~;)

画像





ま、今回は、上記の記事にあるように・・鬱病患者は小汚い!

いやいや、そうじゃなくってさ(^_^;) 出来ない事を悩み続けてる、厄介な人種なんだって事を、少しでも判ってもらえたかなぁ・・・って思ってるoyakataでした(^^ゞ











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

yuu
2009年06月19日 05:08
うん。
本当はきちんとしたいんですよね。
会社でもそこで悩む方が居るから。
ってか、あたしもきっかけがあれば、そうなる傾向持ってるから。
だから、”がんばれ”とか言えません
(頑張れは禁句だったよね、苦笑)
気持ちが分かるってのも言われたほうは、うそつきめ・・・って感じるでしょうけど、そんな感じです。
2009年06月19日 09:22

★★★★★

>yuu  色々、お気遣い・・ありがとね^_^;

★★★★★

月桂樹
2009年06月19日 10:41
私も自分が鬱だなんて思いもしていなかったところに、ある日掛かりつけの医師から心療内科を紹介された時、私って頭が可笑しくなったんだと落ち込み、人にも言えず独りで受診していました。(夫は未だに知りません)
そう言えば、oyakataとブログで知り合った頃、私はブログを始めたばかりで、oyakataにカミングアウトした記憶があります。
その時oyakataは優しく色んな事を教えてくれた事を思い出します。
まっ!
お互いボチボチ行きましょう!
何もしなくて良いんだったら何もしない!
私もそうしたい時あります。
2009年06月19日 12:14

★★★★★

>月桂樹  そうそう、貴女も大変な時期があったっけねェ^^;

誰しもが、何かを抱えて生きてる訳で・・なんかのきっかけで、それが顕在化する時があるんだよなぁ(-_-;)

急性の物は、結構速い回復をみる事が多い気がしますが(ちゃんとした医療を受けたらね)、私みたいにこじらせて慢性化したのは、なかなか(~_~;)


だからこそ、こじらせる前の早目の受診が必須なんですけど、貴女のような病院からの紹介でさえショックなのに、自分で一から受診するのは相当の勇気が要ることです。

私も、外からこの病気を見てた時は(女房やお袋様がそうでしたから)、極々一般的な印象しか持ってませんでしたので、他の人の理解を得るのがどんなに大変かは実感してます(^^ゞ


ま、ボチボチ行きまっしょ(^_-)-☆

★★★★★