бб パワフル! бб

好きとか嫌いとか、良いとか悪いとか

色んな意見が有ると思うけど・・


oyakataが感じたのは“凄い!” “パワフル!!”でしたな


平林 都・・・接遇=病院編①






病院編②は→こちら










函館のケーキ屋編も面白いよ(*^_^*)

①→こちら

②→こちら

③→こちら

④→こちら





彼女は20年以上このやり方を貫いてきたのですから、凄いと言うしかないね。

よくあるセミナーとは一線を画すスタイルを築いてしまってる強みかな・・



俗にまみれたoyakataとしては、研修料って幾らなのかいなぁ?とか

メチャメチャになった事もあったんだろうなぁ・・とか


ケーキ屋の社長さん、地味な人じゃなぁ・・とか

でも・・放っておいても結構な売り上げのケーキ屋なのに、よく研修を受けさせようとしたなぁ、偉いなこの社長・・とか


ま、皆様もご自由に、ご覧になっての感想など御座いましたら・・(*^_^*)













寒い毎日です・・・これで少しでも暖まって頂ければ

画像



暖炉は無理でも、薪ストーブが欲しいなぁ・・って本気で考えてるoyakataでした(^_^;)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2009年12月23日 03:09
★★★★★

Buchiは現在、太平洋上空

23日に成田。その夜は東京の友人宅に宿泊。

24日仙台に、その夜は友人と歓談の後に我が家に帰宅・・との事でした。

仙台を5日に出て、6日に成田から離日。


★★★★★

yuu
2009年12月23日 04:18
クリスマス休暇ってのが始まったから、もう帰って来るんですね♪
おかえりなさい~Buchiさん♪

焚き火って、凄く暖かいですよね♪
煙いけど、苦笑
2009年12月23日 10:42

>yuu  配達区域に一軒だけ暖炉なのかストーブなのか煙突のあるお宅があり、近くを通ると木の燃える匂いが漂ってきて、郷愁を誘うその香りを私は楽しんでます。

でも、ご近所からしたら毎日煙っぽい空気を吸わされてかなわん!と思ってるかもしれない・・難しいね(~-~;)

黒澤監督の作品で「デルス・ウザーラ」っていうアラスカだったかシベリアだったかの原住民の老人が、年老いて狩りも出来なくなって息子?の家に引き取られ、近代的(一見、快適)な生活に慣れる事が出来ず、日々暖炉の火を見つめる・・というシーンが印象的でしたが、人間って火を見てると落ち着くんだよなぁ・・  ストーブや暖炉の前で火を眺めながら、火加減をいじりながらボケていくのがoyakataの理想だなぁ(^_^;)