бб 和風ミートローフ・サンド бб


先日、鶏の挽肉が安かったので、ちょっと多目に買ってしまいました。

「つみれ」にして鍋にでもしようかと思ってたのですが、ここのところ結構暖かな日が続いて、何か「鍋物」って気分になれず・・・韮・牛蒡・玉葱を微塵に切って入れ、醤油で味付けし、適当な容器に入れて電子レンジで加熱調理。和テイストのミートローフを作りました。


※厚みがあるので、一気には仕上がらないから(長時間そのまま加熱し続けると、縁だけ熱が通り過ぎてしまう)、3~4回に分けて、7~8分ずつ間を置きながら調理します。

それでも、真ん中は半生状態になるので、7~8割火が通ったら大皿に移し(予め容器に油を充分に馴染ませておけば、逆さにすれば簡単に外せます)、3~4分割して、フライパンで上下左右の各面に焼き目をつける感じで焼き付けます。

こうする事で全体にムラ無く火も通るし、焼き目を付ける過程でグッと風味も増します・・・蒸しただけではいまいち美味しくないんだよね、お肉ってやつは(^_-)-☆







15×25cmで厚みが8cm位の長方形に出来たので、2~3cmに分厚くカットして、自家製の照り焼きソースと甘口MIXソースで絡め、コールスローとクリームチーズと一緒にサンドを作りました。

画像


肉は得意でないお袋様も、挽肉だと抵抗なく食べてくれるので助かります。

サンドイッチに挟む肉も、このくらいの厚みがあると食べ応えがあって、美味しいよ(*^_^*)












いつもはパンの耳も切らずにサンドにする事が多いのですが、今回は耳はカットして作ったので・・・切り落とした耳は、一口サイズにカットし、揚げてシナモン&シュガーで味付けしました。

画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yuu
2009年12月03日 04:11
コールスローとクリームチーズ?おいしそう~!
お店で売られているサンドに近いタレ?を作ろうと思っても、何が入っているのか見当が付かないんです。涙
2009年12月03日 07:23

今日は全国的に天気は下り坂のようですな・・・


>yuu   料理の道に進んで良かったと思える事のひとつに、何処かで食べた料理が美味しかったと思えば、その味を再現出来る(あくまでも自分流にだけど)事があります。

お菓子とか全然文化の違う世界の味は、使う調味料とかも判らないので再現は無理ですが・・・

それでも、他の地方(国内外問わず)で経験した魅力ある味は、一体何を使ってるか想像しながら作る楽しみがあります。

韓国で食べた冷麺(具なし、スープのみ、麺は蕎麦粉)・・福島で食べたカツ丼(出汁入り卵ではとじてないで、ソースが絡めてある)・・NYで食べたオレンジソースのビーフ(薄切り牛肉の衣揚げ)・・青森で食べた烏賊刺(腸<わた>を使ったタレで食べる)・・ 帰ってから、色々苦労して再現出来たときは嬉しいもんです。


ただし、本当に旨い寿司・蕎麦・ウドン・・等々、素人には出せない味ってのもありますね。どうにか苦労すれば近い物は作れますが、こういう物は時間とお金を遣っても食べに行った方がお得(^_^;)