#♪ Mongolian Overtone #♪

「Overtone」とか「Throat Singing」と呼ばれるモンゴル民族特有の発声法での演奏

現地では「ホーミー」と呼ばれてます



普通の遊牧民の素朴な歌声も良いけれど、こういうプロの民族音楽も流石ですね。

この男の人の低音と、楽器演奏は両方とも素晴らしい(*^_^*)









こちらも、何処までが楽器なのか声なのか区別がつかなくなるよねェ




あ、因みに・・左側で歌ってるのは「朝青龍」ではありません・・^_^;















最後に・・これはモンゴルのホーミーコンクールでの優勝曲



映像は・・これを使った映画なのかな?良く判りません(^^ゞ

でも、これも人間の喉から生まれた音とは思えませんね(*^_^*)






★★★★★★★★★★



猫に、自分でホーミーを聴かせる・・・って人の映像がありました(*^_^*)



子猫だからなのかな? いったい何処から何がないてるのか???って様子が面白いよね(^_^;)

私もP&Tに、やってみようかな・・一応、真似事で音を出すだけなら出来るからさ(*^_^*)





















★★★★★


今日のお漬物


赤かぶと丸大根を、刻み柚子と一緒に塩漬けにしました。

画像


二日目位からのさっぱりした味も良いのですが、5~6日辺りからの、ちょっと酸っぱくなってきた頃の味も美味しいよ(*^_^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yuu
2009年12月08日 04:25
カブ!おいしそうですね!
野沢菜の赤いカブも漬けるとおいしいと教わったけど、
カブつきのが中々なくて。笑
2009年12月08日 10:43

>yuu   そうね、地方によっては「かぶ菜」って呼ぶ位だもんね。

とはいっても、実は私も「野沢菜」の「かぶ」の部分は見た事ありません((^┰^))ゞ

なんでかなぁ・・葉っぱの部分が美味し過ぎるから? 根っこに近い部分は砂が残り易いから? 生の状態で市場に出荷されてる段階でカットされてるもんね。

ネットで写真を見たら、カブの部分の大きさもマチマチだったからなぁ・・


食べれば美味しいのに、流通の都合でカットされてる部分の野菜って、結構あるからね。

大根→葉っぱ・・売られてる時も葉っぱはついてるけど、畑での状態はあんなもんじゃないもんね。下の白い部分よりも長く伸びてます。

里芋→周りに付いた小芋しか出荷しない・・田舎では親芋の部分は「錨(いかり)芋」として売られてるけど、都会じゃ売れないだろうね。茎も「ズイキ」として、こっちでは、生でも干したのでも売ってる、これも都会では見る事はないでしょう。宮城の雑煮にはズイキが入るのだ。

長ネギ→青い部分は相当にカットされて・・・これだって、使い方次第では無駄にはならないんだけどなぁ

芹(せり)→水芹(水田で作る)は、良く洗った後、根っこをつけたままで出荷。鍋物とかに入れる時も、根っこも必ず入れますが・・・都会の人は捨てるんだろうなぁ・・香りがあって美味しいのにさ。



月桂樹
2009年12月08日 13:29
oyakata、こんにちは♪
中井貴一似の男性が演奏しているのは、静かに聴いていると日本の民謡にも似たような感じがしました。
音階が近いのかな?
しみじみとしますね。

次の人は、朝潮龍に似てると思ったら
oyakataも書き込んでる(^^ゞ
最後のはプロモーションビデオ?
短時間だけど、言葉は分からないけれど、
恋人の無念を晴らす悲しい歌なのかなと想像できますが
浅原彰晃似の男性が歌っているのかな・・・
心に響くねぇ・・・

蕪美味しそうですね♪
家にも送って!!
oyakata
2009年12月08日 18:08

>月桂樹     最初の男性は、喉の奥に共鳴させる歌唱法

二番目の男性(朝青龍)は、日本の浪花節とか市場のおんちゃんみたいな
喉を絞って出す歌唱法 いづれも「Throat Singing」という手法なのではないかと思います。
二番目の男性が、最後の方で使ってた鼻腔に共鳴させる歌唱法、これが「Overtone」ではないかと・・・

三番目の男性は、殆どこの歌唱法のみで歌ってますね。


日本のお坊さんのお経や、御詠歌なんかもこういう響きに通じるものがありますね。

私なんか小さな頃に祖父母の家に泊まると、夜にラジオから浪花節がいつも聞こえてきてて、内容は分からないものの、その何とも言えない響きを子守唄のように聴いて寝たものでした。

ある特定の響きは、脳内にα波を発生させてナンタラカンタラの効果が有るとか無いとか言うもんね。

ま、有る特定の状況下では気持ちの良い響きなんでしょう、人間には。 


 
oyakata
2009年12月08日 18:24

★★★★★

猫に「ホーミー」を聞かせてみた・・って動画が面白かったので追加しときました((^┰^))ゞ

★★★★★