†† 俺は信じないぞ! ††

段ボールの箱に入れられた札束…


画像



段ボールは雨にでも打たれたんでしょうか、だいぶよれて汚れてますがゴムバンド?で束ねられた札束は大丈夫なようです…




…、んで、これがどうしたんだってことですが…

実は

これ



すべて彫刻なんです!

それも一塊の木から総て(段ボール、札束、ゴムバンド、クラフトテープ)を削り出して、彩色した物なんです!!


いや! 俺は信じないぞ!!

段ボールの汚れ具合

隅のめくれた感じ

古びたクラフトテープの質感

大量の札束の一枚一枚


これが彫刻だって??

彩色した物だって???

嘘だぁ~!!




という、私の様な信じない人の為に、制作過程をアップしてくれてました



画像


数枚の板を接着し、万力で固定してます







画像


接着した板の塊に大雑把な印をつけます








画像


印に沿って削り始めてます










画像


こんな鑿(のみ)を使って…反った段ボールの蓋も…














画像


札束も少しずつ形が…






画像


別方向からの状態… 既に外側の情景は見えて来てます













画像


段ボールの表面の質感を表現… 端のめくれも掘り出して…














画像


札束を更に掘り進んで行ってます






画像


別の方向からの情景














画像


札束の部分は殆ど彫り出しました…段ボールの上蓋の質感も















画像


いよいよ下地塗りが…

それにしても、段ボールの折れてる部分や、めくれてる部分の精密さ…













画像


札の表面の精密な彩色が施されていきます












画像


数種類のドル紙幣を精密に描き分けていきます








画像


ちょっと角度を変えて… 

底の方のまだ彩色されてない札束の重なり具合を見てよ…これ、彫り出しているんだよ、削った物を後から重ねてるんじゃないんだ














画像


ほぼ、完成






画像















画像





クラフトテープとバーコードシールを貼付けて…

これは後から貼ったんださねぇ

でも…クラフトテープには薄っすらと木目が…まさか、これも描いたの?!













もう一度、最初のアップの画像で確認

画像


これが?…彫刻??…

札束も、段ボールの汚れも、描いた物だって!?







俺は、信じないぞぉ~!!

絶対、騙されるもんかぁ~!!













画像



このリアルなウッドアートは

ニューヨーク在住のアーティスト、ランドール・ローゼンタールの作品






この記事へのコメント

oyakata
2014年01月18日 14:01
      

         ☆☆☆☆☆

ああ…なんかボ~っとしてる間に三週間近く経ってしまってました

4日にレーザー治療受けたんだけど…予後が悪くてさ

段々と目が見えなくなって来て

まあ、網膜上の血管を焼き切る訳ですから、細胞に相当の損傷があって、その影響で視野がどんどん狭くなって行ったのだろうと判断はしたのですが。

術前にそういう副作用みたいな事に関しては説明はなかったので、16日に精密検査での予後の診断の説明でそれの確認は取れたのですが…それまでは不安でしたわ

やはり熱症による湿潤液が黄斑(網膜の中心部分)まで広がり、結構深刻な浮腫(むくみ)を起こしていたのでした。

結局、以前にも受けた硝子体への薬剤の直接注入の手術を再度受ける事に…

それまでは、この視界がボヤボヤの状態で我慢しなくてはなりません

oyakata
2014年01月18日 14:01

☆ 椎間板ヘルニアの痛みはだいぶ軽減されてきました。

まだ、歩く時は多少足を引き摺りますし、痺れや痛みはありますが、寝る時の苦しさや寝起きの激痛が殆ど無くなったので、相当楽になりました。

☆☆

姉が居るので、毎日の献立もお袋様と二人だけの時と比べればバラエティーになるよう心がけてます。

会話の中で何気なく出て来た食べ物は心に留めておいて、作って出す様にしてます。

別に、特別な物ではないのです…おひたしだったり大根おろしだったり…

春菊が食べたいなぁと聞けば、御浸し:胡麻和え:ナムル:天ぷら等々にアレンジして。

ホットケーキが食べたいと呟けば、蜂蜜やバター、ホイップクリームをたっぷり載せて。

味噌汁も、普段は顆粒のダシの素を使ってるのを、煮干しや鰹節の出汁を取って作ってます。

一応、この三週間で同じ献立は出してないはず…


お袋様と二人だけの時には、ついつい手抜き満載の献立になっていたので…結構良い励みになってます。

それでもこの三週間は、体調不良のせいか、とにかく寝てばかりでした

でも…腰も、目も、一応の進展がみられたせいか、多少精神的にも明るさが戻ってきたようです。


         ☆☆☆☆☆
クロゼット☆ライター
2014年01月19日 21:05
ご体調、案じ申し上げます。
ご健康、ひとつひとつお大事になさってください。
お疲れも出ていらっしゃるのかと思います。
私も老いの身ですよ。
お料理は、さすがですね。みなさんを幸せにしてくださっていることでしょう。
oyakata
2014年01月20日 13:36

>クロゼット☆ライター

ご心配いただき有り難うございます。

そんなに不摂生してるつもりはないので、この不調の原因の大半は加齢から来るものと、半分諦めてます

親の介護が生きる糧みたいになってるので、可能な限りこの状態は維持していきたいと思ってます。

逆に、介護から開放された後に来るであろう喪失感の方が恐怖です…

趣味や旅行に時間を使うだけの気力&体力が残ってれば良いのですがね

ま、先の事は考えても仕方ありません…ぼちぼちと行きますわい。


yuu
2014年01月21日 07:47
本当だ!
うそずら~??!と思ったけど、経過を見ると、本当に彫刻。笑
凄い人がいるもんですね
oyakata
2014年01月21日 19:46

>yuu

ねぇ~、凄いよね…

ランドール・ローゼンタールでググると一番上辺りに
Wood Sculptures by New Yorkというサイトが表示されます。

彼のHPで、ギャラリーにもなってますので、この作品以外にも凄い作品が沢山見ることができますよ。

製作過程が公開されてるから或る程度理解出来るけど、これが作品の写真だけだったら、その凄さは判らないよ。

実物を見てみたいもんです。

oyakata
2014年01月31日 15:50

         ☆☆☆☆☆

          誕生日

今日1/31は、姉(Buchi)の誕生日。

三日後の2/3は、私の誕生日。

それぞれ66歳と63歳になります。

誰が言ったか忘れたけれど、誕生日は自分の為に祝う日ではなくて、自分を命を掛けて産んで、苦労して育ててくれた母親に感謝する日…なんだそうです。

後で、お袋様に一言感謝の言葉を言ってみましょうかね、3分後には忘れてしまうんでしょうが…(笑)



今朝、姉と一緒にお袋様に質問してたんです。

Q「あなたの子供は?何人?」

A「二人…かな?」

Q「誰?名前は?」

A「しー(私の家族内での呼称)」

Q「その人は今、何処に居るの?」

A「目の前」
(ちょっと安心する私)

Q「あとは?」

A「う~ん…忘れた…」

姉「え~~!忘れたのぉ?!(笑)」


         ☆☆☆☆☆



oyakata
2014年01月31日 16:01


          ※※※※※

年末に帰省して一ヶ月以上滞在してた姉も、2/3に仙台を離れます。

あっと言う間でした…


今回、お互いの老後について結構長く色々と話をしたのですが…

結論→とにかく、あと5年は今の状態を(経済的、肉体的、精神的に)維持して頑張っぺ! 

と言う事になりました(笑)


          ※※※※※