∈∈ ありがとう… ∈∈

あの日から、今日で3年経ちました。


あれだけの大きな災害です…

3年の間には色々ありました



このブログのページでは、到底それを書き尽くすことなぞ出来ませんが…





You Tube等の映像サイトでは繰り返し津波や地震の様子がアップされてました

フラッシュバックを起こすので見る事も出来ない被災者も多いのですが(我が女房殿や娘もそうです)TVとかインターネットのサイトの映像で世界中の方々の支援の気持ちが惹起されたのも事実です



震災後、二週間足らずでアップされたこの映像

世界中からの声援をまとめたものです



被災者の方々には殆ど届いてはいないのですが
(停電や機材の消失で、ネットを見る環境にはなかったですから)

本当に『ありがたい』のひとことに尽きます









国内の支援も、すべての場所に行き届いてた訳じゃありません

それでも、支援の働きには本当に感謝してるのです

この校長先生の姿にも、それは表れてると思います



先生、こちらこそ「ありがとう」











このエピソードにも感動しました




「ありがとう」










紹介したい映像は沢山沢山沢山あるのですが…

最後にもうひとつだけ

※4:00以降は繰り返しです



小学生だったこの姉弟も、中学生になってるんださね

さすがに今は道路に立ってはいないでしょうが


誰に言われるでもなく、自発的な行動だったなんて…

ろくに行動を起こせなかった大人は、恥ずかしい思いです

「ありがとう」








画像




この記事へのコメント

yuu
2014年03月14日 19:31
本当ですね…
大したこともできなかったけど、被災されている方々から、学んだ事は多かった。
ありがとうございます、ですよね…

で、わたしたしは一つなんだ、と思わされた震災でした。

今日も揺れたらしかったので、関西や九州の美女たちが心配になりました。

oyakataさんも大変だったのに、何も出来なくてごめんなさい。

最後の写真の灯りが、なんだか暖めてくれてほっとします。
oyakata
2014年03月16日 18:07

>yuu

私が生きてる間には、此処東北に同じ規模の地震&津波は来ないでしょうが(あくまでも確率的に)、震度6程度のは繰り返し来る事と思います。

それこそ、あくまでも確率的に…ですが、東海&東南海地震は起こりそうですね。

ただし、今現在に想定されてる被害は最大限のものですから(東日本大震災の教訓からか、学者やマスコミは必要以上に煽ってるきらいがあります))それぞれの地域や個々人の災害への備えがあれば、被害は最小限に収める事は可能なはずです。

いたずらに恐れてるだけでなく、ちゃんとした情報を各人が掴む事が必要でしょうね。

※ そして、使い古された言い回しですが…忘れた頃にやって来るんだよねぇ、災害って…