テーマ:鬱病のリハビリ

キノコのその後・・・

先日採ってきたキノコの内、食菌(食べられる茸)は直ぐ調理したのだが、あの「タケリ茸」とか不食のは部屋の片隅に放置してました。2~3日してみたら・・あらら胞子を振り撒いてます。これを見ると「タケリ茸」が寄生して宿主の表面に胞子嚢を張り巡らしてるというのが一目瞭然ですね(*_*) 隣のは「ベニ茸」の一種、食菌だけど1個では・・と一緒に放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱の波

先週も金・土曜日とレベルが低下したが・・・まあ軽いほうだったけど、慣れたというか仕方ないというかこういう病気なんだと諦めるところから鬱との戦いは始まるんですね。 今は回復期に入ってるという実感を最近やっと持てるようになってだいぶ気が楽になってますが、それでもいつまでこの波に翻弄され続けるのかと思うとちょっと憂鬱になりますね(~_~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キノコ採り おまけ(^.^)

このキノコ・・その名も「猛り茸(タケリタケ)」 はい、何かが猛っているんですね(^_^.) 食菌(食べる茸)ではないのですが、この茸は特定の種の茸の幼菌に寄生して、その茸(宿主)を奇形に成型するとういう面白いキノコなんです。自分自身はキノコの表面に胞子嚢を蜘蛛の巣状に形成して自分のDNAを継承していきます。 宿主にされたキノコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キノコ採り

今年は残暑が長引いたので茸の発生が非常に遅れてます。 十日ほど前に友人に誘われてキノコ採りに今シーズン初めて行きましたが、茸の姿をほとんど見る事が出来ませんでした。 あれから雨も結構降ったし気温の下がった日も多くあったので、まだ少し早いとは思いつつ偵察がてら行くことにしました。 朝、お袋にはお握り&おかずを置いて6時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護のスタート

本格的な決意を持ってのスタートは‘04の8月のお袋の緊急入院でしたが、 準備期間を考えると2000年の5月からということに・・・ 1999年に自分の鬱病を認識し、その年のうちに本気で鬱病と取り組む決意を したのでした。そこで自分の中で問題だったのは①24年間続けていた小料理屋 をどうするか②無収入になってどうしてやっていくの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鬱病のリハビリ

記録の重要さを感じてこのブログを始めたのですが・・・今のところ作業は楽しい。 料理人だった私にとって幸いだったのは、鬱の波に呑みこまれた状態でも可能だった 「料理」は私の存在を認めてくれる殆ど唯一の事柄でした。 勿論、波に呑まれ深く沈んで居る時のメニューは、やっつけ仕事の酷い物でした でも、悲しいかな長年の経験から手抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more