テーマ:鬱病のリハビリ

&# 鬱と歯と糖尿病 &#

15年以上の付き合いになる鬱病 これの困った症状のひとつに、身の周りに注意が行き届かなくなるというのがあります。 簡単に言うと、だらしなくなるって言う事(笑) 引かれるのを承知でカミングアウトすると 髪を洗わない:歯を磨かない:風呂に入らない:下着を替えない… 不潔にしていたいって訳では決してありません。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ああ、やっとまた再開できた(笑)

笑ってられないよね、まったくさ 前回に再開&中断してから、あっと言う間に9ヶ月以上経ってしまってた なんでこんなに間が開いたかって? 信じられないでしょうが、実は… 自分のブログを更新しようとした時に、ログインするのにIDとパスワードが必要だったのに、入れられなかったからなのさ(笑) メモしてた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★☆彡 神様がくれた「おまけ」 ★☆彡

神様がくれた・・なんて勿体つけると、エレナちゃんの手紙みたいな感動物語を期待するかも知れませんが・・ちゃいます(^^ゞ 話は数年前(5~6年?)に遡ります たまたま部屋の片付けをしてたら、隅っこに空き箱を見つけたのです。 表書きから「御雛様」の入ってた箱なのは判明しましたが・・中身が見当たりません。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

☆彡 鬱病のリハビリ ☆彡

例の如く、この話題はoyakata自身が自分の考えをまとめるのが目的で書いてるようなものですので、適当に流して読んで結構だからね(^・^)     ********************** 先日は、「トゥーレット症候群」のお話をちょっとしました。 あの病気の多くは、先天的もしくは後天的な…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

鬱の波⑰

★いつもの事だけど・・・この「鬱の波」シリーズは、このブログを構成する大事なテーマではありますが・・・一般の方はスルーしても構いませんからね・・・全然楽しくもないし、明るい要素はほとんどありませんから(^^ゞ 特に、折角の一日のスタートを切ろうとする朝には読まない方が良いと思うよ^_^; ***************…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

気づけば・・・半年目に突入してました(^^ゞ

★パイナップル果肉入りエスニック風炒飯  ※これ、本当は孫を喜ばせようと日曜日に準備したのですが・・・急遽娘達が来れなくなってしまい幻のメニューになってしまいました・・・まあ、お袋と二人で二食くらいに分けて食べますがね(^_^;)  ※パイナップル(298円)は写真の様にカットして・・・果肉は1/4を炒飯に使います、残りは普通にフル…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

制度改革

ちょっと判りにくいかも知れませんが・・・これが今月から私に支給された「自立支援医療受給者証」(精神通院)です・・健康保険証と同じサイズです。 先月までは精神治療施設に通院・治療・投薬に掛る費用は一律5%でした。普通は33%ですから助かります。私の場合、現在の治療・処方ですと一回に掛る費用は合わせて500円程度です。普通だと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鬱の波⑯ 理解を深めてもらう為に

ブログのコメント以外にもメールでご意見もいくつか頂きました。 個々にはお返事させてもらいましたが、補足の意味も込めて少しお話させていただきます・・・ 人間、大なり小なりこの手の強迫神経症的な症状は 持ってるものだと思う。トラウマが無い人は少ないからね。 「片付けられない女」症候群や「ゴミ屋敷」の住人も実はそれ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

鬱の波 ⑮  封書の整理 

上の写真は、10日以上前に、とりあえずまとめた未開封の封書関係の束です・・・・ これで約、半年分あります。 鬱の波⑧で紹介したように、私の鬱での困った症状のひとつに「封書が開けられない」というのがあるんです。昔、鬱の酷いときは年単位で開封作業が出来ませんでした。役所関係の知らせやダイレクトメール(これはどうせ見ないからゴ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

鬱の波⑭ 

このテーマの更新も久し振り・・・良い傾向と思ってます。 かと言って、別に波が来なくなった訳じゃありませんよ、ちゃんと頼んでもいないのに律儀に来てくれてます(^_^;) ただ、波自体が小さくなったし、頻度も・・・今だと3~4週間に一度くらいかな。外で働いてたら、おそらく誰も気づかないだろうし自分でもなんとかやっていけるレベルです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

小さな買い物

新年早々のクリニック訪問(精神科は月いち)のついでに繁華街をブラブラ・・・去年見つけて気になってた店を覗く。余り、買い物はしないほうだが・・・衝動買いを避ける為に、気に入った物があってもその場では絶対買わないことにしてる・・・この店はレンタルボックス制のお店で、50×50cmの間口で奥行き75cm位の箱が壁に数十個並んでて、色ん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鬱の波 ノドの痛み・・

どうやら風邪も峠を越えた?かな・・・いつもの波も一緒になったみたいで、昨日と今日はほとんど寝ていました。私の場合、こういう時に寝てるというのは眠ってるということで・・・一日20時間近く眠る(-_-)zzz  傍から見たら楽そうですが、結構辛いものがあるんですよ(~_~;) 普通は三日間は続くのだけど、その間は自分の存在感が無くなってしま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鬱の波⑬ AAについて

私の鬱との闘病生活を語るのにAA(アルコホーリクス・アノニマス)の事を抜きには語れないのでここに書いていきますが・・最初にお断りしておきます・・ ★ここで書くAAについての記述は、あくまでも私の短いAAとのつながり(約2年)の中で私個人が感じた事です。AAの長い歴史とその果たしてきた役割の大きさを考えると、とても私が説明しきれるもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱の波⑫ アルコール依存症

自分がアルコール依存という実感は無かった。お酒で周りに迷惑かけてた訳じゃないし(と自分では思ってた)酒乱でもないし(ま、これはそうかな)一升酒呑むような大酒呑みでもないし(半分は当たってる)・・・でも、連続飲酒であったことは間違いがない(~_~;) 幸い肝臓があまり頑丈ではなかったお陰で検査で引っかかりしばらく断酒することに・・・そした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鬱の波 トンネル

ひさし振りにこの2日間、波の下に居ました・・・ほとんど寝てましたね(^_^;) ちょうど仙台はちょこっと冬に入った感じで、風はビュウビュウ吹くし、ずっと寒くてミニ冬眠には最適でした(^^ゞ いつもの事なので、ジタバタせずに無抵抗、2日目の夜には「ああ、明日の朝には抜けそう・・」の予感通り今朝はすっきりしたものです(^_^)v …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

鬱の波 ⑪

今回は私が鬱を受け入れることが出来るようになるのに大きな助けとなった事をお話します。 ※鬱の波シリーズは内容的に暗いから、明るい一日のスタートを切ろうなんて思ってる人はパスしてね(^_^;) ※鬱をはっきり認識したきっかけが断酒だったことは以前にもお話しました。別に酒乱だった訳でもなく、お酒で大きな失敗や周りに迷惑かけるような…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鬱の波 ⑩

波に呑まれてない時でも支配されてると感じるもののひとつに、鬱の波⑧で話したような、行動にブロックが掛ってしまう時がありますが・・・私が一年間パソコンに触ることが出来なかった頃の事を例にお話してみます。 ☆きっかけは良く判りませんが、とにかくパソコンで作業(ネット・メール・エクセル)が面倒臭いというか、疲れるというか・・モニターの前に座…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちょっと、ひと休み

★一日半、波乗りを楽しんで?ました。 ま、最近は鬱の波が来ても焦らなくなったし、なによりもそういう状況下での罪悪感とか自己嫌悪感がなくなりました。来るものは来るし、放っておけばいつかは抜けるという経験から来る自信がついたのでしょうね(^_^;) ★昨日の食事の記事も写真もないけれど、ちゃんと(手を抜きながらも)作ってましたよ(^.^)…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鬱の波 その⑨

☆鬱の経験のない方に、鬱の辛さとか苦しさを説明する難しさは前にも書いたけど・・・ 実は此処には鬱の波に毎日翻弄されてる方々も結構訪れていただいてます(この友人達は訪れるのがやっとで、なかなかコメントしてくれないのが残念ですがね)訪問してのメールは頂くんですよ。 ☆なので、判ってもらえない方々にどうにか理解してもらおうと、今まで私が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鬱の波 ⑧

人それぞれですが、鬱になると色々な症状に悩まされます。多くは自分でも説明の出来ない行動を伴います。私の場合そのひとつに、処理しなくてはならない事を目の前にして固まってしまう・・というのがあります。 ※例 その① 手紙が来ますね、手にも取るしテーブルまでは持ってきますが、見ることが出来ません、開封が出来ません・・・そのまま数ヶ月放置。テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと嬉しかった事・・・

今日、病院に行って(月一の内科)検査の際、体重計の数字とカルテの一ヶ月前の数値を見て主治医が「ん?・・」と怪訝な表情。 私「何か変ですか?」と、わざととぼける。実は回復期に入って約3週間、別に運動した訳じゃないのに5Kgも体重が減ったんです。波の下に居る時は本当に寝てばかりですから・・・如何に運動不足だったかがこれで判りますね(~_~;…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

鬱の波 ⑦

鬱の話はどうしても暗くなってしまうイメージがあります・・実際、明るくはない、というか明るくできないからね(~_~;) そんな時自分の中に良い時のイメージを持ち続けられるように専用の引き出し(心の中に)を作っておくようにしてました。鬱といっても24時間365日沈みっぱなしではないはずですから、ちょっと楽になった時の事をメモするなり日記をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱の波 ⑥

前回、電池切れの話をしましたが、それは突然やってくることがあるのです。ジワジワではなく結構急にガクーっと来ます。 初めてはっきりとそれを自覚したのは5年前に大阪の友人の所に二週間程滞在してた時でした。心斎橋に向かって広い道(仙台で言うと広瀬通り)を歩いてたら急に足が鉛のように重くなり、頭はボーっとしてきました。「ああ、やばい、来たぁ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

町を歩けば その②

裏通りを歩いてたら、ここの雰囲気には似つかわしくないリムジンが・・・ながっ!! リムジンの長さにも驚いたが、もっと不思議に感じたのはその駐車の仕方、きれいに駐車してるけどさ、直ぐ左前には電柱、正面には自分の車の全長の半分くらいの所に別の車、右方向にも横向きの車、ちなみにリムジンの後ろ10cmは崖(50cmくらいだけど)になってます(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町を歩けば

鬱の波から遠ざかって来たと感じる兆しのひとつが散歩が出来るようになったこと。それと周りの景色を興味を持って眺める余裕ができること・・・かな? 昨日も女房の病院での待ち時間を潰すのに仙台の古い下町をぶらぶらあるきました。 高校時代にちょくちょく通った道もあり、だいぶ変ったとはいえ懐かしく感じる物もそこかしこにあって楽しい散策でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱の波 ⑤

歳のせいなのか鬱のせいなのか・・段取りとか、人・物の名前を覚えることが難しい。人の名前を思い出せないのは歳のせいにも出来るが、段取りを取れない、取っても忘れるのは生活に支障をきたす。例えば毎日服用する薬は前日に用意しておかないと服んだかどうかも判らなくなってしまう(*_*;そこで薬は処方してもらって帰宅するとタブレット全部に日付を書き込…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

少しずつ・・・

一気に良くなる訳もなく、昨日も午後からはほとんど寝てました(^^ゞ おかげで夜中に目を覚ましてしまい、メールチェックをしたら従姉妹からのメールが来てました。写真はそれに添付されてたものです。 私がPCのアドレスをほとんど無くしてしまったので残ってた携帯のアドレスからお願いしてメールしてもらったのです。 彼女は私よりも波乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱の波 ④

面白い・・・って今だから言えるんだけど、本当に自分でも脳の働きが電気と科学物質の連携で動いてるんだというのを実感できるのは、健常だった頃には想像もできないものがあります。 処方される薬には、様々な方向から脳の機能に対して作用する物が何種類もあるわけです。そもそも脳の神経細胞は電気信号で情報を伝播して行くのですが、途中にある中継基地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱の波 ③

私の場合、だいたいがボ~~っとして寝てるしかないというのが波に呑まれてる時の状態。電池を抜かれたおもちゃのロボットみたいなもんです。抜くまでいかなくともほとんどパワーの無くなった電池でガガっギギって動いてる(~_~;) んで、波ですからよっぽど悪い時以外は必ず浮き上がってきます。ただし一時間後なのか半日後か一ヶ月後か・・・は自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱の波 ②

波に呑まれて水面下にいるときは、その程度の差こそあれだいたいが自分の状況を掴む能力も落ちてるので、ボンヤリと・・呑みこまれてるという感覚はあるだけで、実際にそれを認識するのは波の上に出て息が吸えるようになってからなのです。 眼鏡をかけてる人だったら判ってもらえる例えで言うと・・レンズが埃や油で汚れて視界が悪くなってもその変化は連続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more